モノを持たないことで片付けや家事を楽にする

生活

最近注目されているミニマムライフではモノをできる限り持たない、無駄を省く生活として人気があります。持たないということは不便にも思えますが、片付け・家事においては時短の効果があるとされているようです。

衣服が少ないので全部ハンガーへ

衣服が少なければ、収納BOXはなくても問題がないでしょう。持っている服をすべてハンガーにかけることで衣服をたたむ手間を省いてしまいましょう。すぐに着るかもしれないのにたたむという作業を苦にしている方におすすめです。

マットを引かないことで掃除をラクに

玄関やトイレのマットはインテリアに良いものですが、あえてないというのもシンプルでオシャレになるでしょう。ないということは他にも良いことがあります。

それは掃除において、移動する手間がなく、清潔感を保てることです。また、マットを洗う手間もないので一石二鳥でしょう。

モノが少ないほど散らかりにくい

散らかるということはモノが多すぎることにも影響します。それぞれの定位置が決まっておらず、散乱してしまうことがあるでしょう。逆にモノが少なければ管理もしやすく、散らかるモノすらないです。片付けが苦手であれば、収納よりも断捨離がおすすめです。