モノが片付かないのは、余計なモノが多いから

生活

余計なモノがたくさんありませんか?

「モノが片付かない!」と言っている人の多くは「なくてもいいようなモノ」や「使っていないモノ」を多く持ちすぎていることがよくあります。

「かわいい」とか「かっこいい」とかでついついモノを購入していないでしょうか。

今までなくても普通に過ごせていたということはこの先もなくても生活できるはず。このことを忘れないようにしていきたいです。

新しくモノを購入するときは、捨てるモノも決める

例えば、新しく靴が欲しくなったとしましょう。痛んできたので買い替えたいなどいろんな思いがあると思います。

そこで、購入するときにどの靴と入れ替えるのかをはっきりとさせておいてください。

これを買ったらあれを捨てる。そうすれば、下駄箱に収まり切らずに靴の箱が玄関に積み重なるということはなくなるはずです。新しい靴が来れば古い靴は履かなくなるはずです。思い切って処分しましょう。

身近なところで、洋服から整理開始

特に洋服は流行がありますから、タンスの中に眠ってしまうのとそのまま永遠に眠りにつくことが多いです。それに、気にいったものばかり着用してしまうという傾向もあります。

礼服のように必要だから置いてある場合を除いて、3年以上眠っている服はきっと永遠に袖を通す機会がないでしょう。思い切って処分してください。タンスも風通しがよくなります。