収納ばかりに頼らずに、捨てることにも気を配る

生活

最近では便利な収納グッズや収納技などがあって、家庭の収納は飛躍的にアップしてきています。しかし、収納には限度があり、いつか入りきらない日を迎えることでしょう。

気づいたら、ゴミばかりを収納していたと気づく時もあるかもしれません。そうならないためにも、定期的に必要・不要の選別を行うことをオススメします。

モノを取り出す

まずは、収納からモノをすべて出し切り、何をどれくらい持っているのかなど確認していきます。この時点であまりのモノの多さにビックリすることもあります。

モノを選別する

いまの生活に必要か不要かを基準に選別を行います。明らかに不要なモノを捨てていきます。できれば、しばらく放置していたモノ、未来に使うかもしれないけど可能性は薄いモノは迷わず捨てられればベスト。

モノを収納する

必要と判断したモノは収納していきます。しっかりモノを活用できるように、アイテムごとの区分けや使用頻度順に収納するとより良いです。

不用品を処分する

不要と判断したモノは捨てていきます。捨てる方法はたくさんあります。ゴミ袋でゴミとして捨てること、バザーなどに寄付する、リサイクルショップへ持っていくなどがあります。リサイクルできれば、エコにもなりますし良いですね。