話題の「仮想通貨」は未来のお金になりうるのか?

お金

ビットコインやNEM(ネム)などの仮想通貨があらゆる形でニュースにて取り上げられています。ビットコインの急騰と急落、そしてNEMが盗まれるなど、「仮想通貨は危険」という認識が広まっていると思います。

「このような仮想通貨は将来的にお金として流通するのでしょうか?」、疑問として感じています。

「紙幣」よりも高度な仕組みを持つ「仮想通貨」

お金は発行する国やモノを購入できるという信頼により保たれています。この信頼により価値が支えられています。仮想通貨もお金として流通するには、まずは「信頼」を得る必要があります。

現状は仮想通貨の信頼は低いです。なぜなら、発行元がないため信用できる担保がないこと、モノを購入できるという場所が限られていることが挙げられます。しかも、危険という認識を持たれているので、仮想通貨を持ちたいという人も少ないでしょう。ここをクリアするのが、まず大事になっていきます。

そんな仮想通貨も大きな武器を持っています。それは、仮想通貨は偽造の難しい技術「ブロックチェーン」を導入しており、ただの紙幣や硬貨よりも偽造しにくいという点では信頼度は高いといえます。また、流通量も制限されていることから、希少性も兼ね揃えているのです。

今のままでは難しい

仮想通貨においても相場があり、主に投機としての取引がほとんどです。そのため、価格変動が激しく、通貨としての実用性が低いということが幅広く流通することを妨げていると感じます。

電子マネーはかなり普及しているのは、相場が存在せずに発行元の信頼があるから価値が担保されているからこそで、金融としての技術はあるものの、将来的なお金として活用されるための信頼獲得にはまだまだ険しいと思います。