シンプルを目指して生きるには

生活

物を少なくしシンプルに生活するシンプルライフ、物をできるだけ持たずに生きるミニマリストライフ、ため込んだ物を取捨選択し物の必要量を見直す断捨離など、シンプルに生きる生活が何故か見直されています。

大量生産大量消費の世の中から少しずつ時代がシフトしているのかもしれません。シンプルな生活がしたい!

そんな時は何から始めればいいのでしょうか。

好きなものだけに囲まれて暮らそう

「断捨離しよう」と思い立っても好きな物まで捨ててしまう必要はありません。

物が沢山あれば、それだけ掃除や手入れに時間を費やす必要があるでしょう。しかし好きな物は自分のテンションをあげてくれるもの、または安心をもたらすもの。無理して捨てて何の味もない生活をする必要はありません。

例えば赤ちゃんの頃から手離さずに使っていたタオルケット。それがあるから安心して眠れる、そんなものを大切に使うシンプルライフも人間らしくて素敵だと思いませんか?

手離すことで手にいれる

自分が大切にするもの、自分の大好きなものだけに囲まれたシンプルな生活は一見何も物がなく感じられるかもしれませんが、無駄なものを手離したことでお掃除をしないでいい自由な時間が手に入ります。

握りしめた手では何もつかむことはできません。持ち過ぎず、食べ過ぎず、たまには孤独さえも味わいながら身軽にいきることの素晴らしさを味わうのも良いと思います。