引っ越しを機に人生最大の断捨離

生活

実際に本格的な断捨離を行うのはなかなか難しいもの。でも引っ越しを機にすれば、なんとか重い腰を上げることができるのではないでしょうか。

断捨離はすなわち、新しいものを買い込むことを断ち、いらないものを捨てて、欲しい、欲しいという物欲から離れること。新しい生活を始める時であれば、難しそうなこの3つの心構えも可能になるかも!

まずはモノ別に持っているものをすべて出す!

例えば、洋服なら洋服、文房具なら文房具と、モノ別で断捨離を考えるのがベスト。

家の中のひとつのエリア(クローゼット、キッチンなど)を決めるのもいいかもしれません。それを決めたらまずは持っているモノすべてを一度出してみましょう。

断捨離はちまちまやっていても仕方ありません。まずは自分が持っているモノの量を把握するのがベストです。

捨てる罪悪感は、「売る・譲る」で解消

洋服など、もう使わないけれど捨てるのは気が引けるということもあるでしょう。そんな時は「売る」と「譲る」で罪悪感を解消しましょう。

洋服の場合なら古着の売り買いをしているところに出向いてみましょう。あまりシーズンが古いモノでなければ意外と売れるものですよ。

書籍もゴミとして捨てるには躊躇しますね。この場合にも古本屋に出向くのがベスト。いずれの場合にも高額で買い取ってもらうことは期待せず、あくまでももらってもらう、処分代が浮くぐらいの感覚でいくと、サクサクとモノが処分できます。

新しいモノを欲する欲求を断つきっかけづくり

断捨離の3つの心構えの中で一番実行が難しいのは「離」、つまり新しいモノを欲する物欲から離れるということかもしれません。

ただ、断捨離をうまく実行していくと、今までどれだけのモノを買い込んで、ため込んでいたのかが実感としてわかります。この実感をかみしめることによって、新しいモノを購入する際にちょっとしたブレーキがかかるようになります。

断捨離をきっかけにこれまでの物欲から離れることも大切です。綺麗になった部屋をキープする上でもこの「離」を実行できるようにがんばりましょう。