節約脳を作り出して、節約体質へ

未分類

節約脳とは自然と節約する行動やアイデアを考える、脳の体質のことです。

無駄遣いをしたり、節約したりするのは性格ではなく脳にあるため、節約していくには節約脳を持つことが先決と言えます。

では節約脳に脳を鍛えるにはどのようにしたらよいのでしょうか?

脳は死ぬまで成長する

脳は年齢により退化することなく、鍛え続けることが可能だと言われています。

いまの年齢に関係なく、誰でも鍛えることでいくらでも脳は変わっていくでしょう。節約脳を作るのも誰でも行えると言っても過言ではないと思います。

脳は刺激を求める

「欲しい」と思うと節約意識が飛び、ついつい購入してしまうのも脳が刺激を求めているからだと言われています。

マンネリな生活ばかりしていると使う脳の場所が限られてしまうので、時々脳を刺激させるような発見や体験をすることでどんどんと脳は鍛えられます。

結果的に節約を意識する「考える力」が養われると言われています。節約脳を作るには「脳への刺激」を与えることを積極的に取り入れることです。

貯まるイメージを作る

ただ、お金を貯めたいというだけではなかなか節約脳にならない可能性が高いです。

お金を貯めてどうしたいのか、お金を貯めてどのような自分になりたいのかなどをイメージしておくと脳はどんどん強くなるでしょう。