野菜は栄養を無駄にしない、そしてゴミを増やさない

生活

私のシンプルライフ的な野菜の採り方をご紹介します。

私の場合、野菜は皮もいただくようにしています。皮も利用すれば、料理の下準備でも手間がかからないですし時短にもなります。

さらに皮は栄養価も高いので、一石二鳥といえます。野菜によっては皮をむかないと使えない野菜もありますが、食べても問題なさそうなものは極力、皮も料理に使用しています。

野菜の皮は栄養満点

野菜の外皮には、さまざまな栄養が凝縮されています。

たとえば、免疫力を高めるカロテンは人参の中よりも皮に含まれている割合が多いといいます。抗酸化作用のあるポリフェノールも、ゴボウやレンコンの中身よりも皮に高い割合で含まれています。

野菜の皮をむいて捨てているのは、実は非常にもったいないことかもしれません。

野菜には「成長点」というものがある

なぜ、皮に栄養があるのでしょうか?

そんなことが気になったので調べてみました。

キャベツなどの葉物であれば、一番日光を浴びて栄養をつくりだしてきた部位であるようです。ナスなどの果菜や、ゴボウなどの根菜であれば、皮が細菌やカビ菌など外敵から野菜を守る役割を果たしているからです。

皮には生命力の源とも言える「成長点」があり、酵素が豊富に含まれています。

たとえば、大根の皮にはガンを抑制する効果があるとされるミロシナーゼという酵素が豊富に含まれているとのことです。

野菜の下準備は丁寧に

皮をむかないで野菜をいただく場合、皮をむく場合よりも少し丁寧に洗う必要があります。

根菜などには専用のスポンジを用意したら便利です。たわしなどで皮を取りすぎてはもったいないので、ゴボウなど以外には柔らかいスポンジを使って下さい。有機野菜であればより安心です。

食感が気になれば、ひと工夫を

いも、カボチャ、ナス、などは皮付きで調理することも多いと思います。これらはなるべく多く皮を残して料理するといいと思います。

普段、皮をむいて使われる人参、大根、ゴボウなどは皮をむかないで料理してみてください。食感が気になる方は、縦に筋状(縞状)に皮をむく部分を作るといいでしょう。