シンプルライフで楽に優雅に楽しい生活を

生活

面倒くさがりでズボラな人にぜひ試してみてほしいのは、「シンプルに考えてシンプルに生きること」。気持ちよく暮らすために、シンプルってどんなふうにすればいいのか、シンプルは何が楽なのかを考えることも楽しい時間です。

物をためこむとあとあと面倒

いつか使うだろうと押入れにしまい込んでいるものを一度見直してみましょう。いつ着るのか、着れるのかわからない洋服や、お客様が来たら使うかもと用意しておいた布団など、ストックがあることで、あとあとまで気になってしまいます。

今着ないんだからもう着ない、誰がそんなに頻繁に泊まりに来る?と自問自答し、決着をつけて潔く処分すると、ぎちぎちに詰まっていた空間がぽかっと空いて、それが心の余裕に繋がります。

それって飾らないといけないの?

雑貨を棚に並べて、壁に額をかけ、グリーンを窓辺に並べて、でもめんどくさくてホコリがたまっていることはないですか?

自分で掃除の手間を作るより、何もないシンプルな状態にしておけば、すっきりきれいな広い空間が見渡せます。無理して飾り立てないことが、空間の贅沢な使い方にもなります。

毎日しないといけないことはない

忙しい毎日の中で、掃除を日課にしていると、やらない日があると罪悪感が生まれてきます。

自分がダメな人間だなと反省する前に、「掃除って別に毎日しなくてもよいのでは?」と考え方を変えてみましょう。すると、3日に1度の掃除時間に気合いが入って、隅々までやろうと自然に体が動きます。

部屋も自分もシンプルに

いらないものを捨て、部屋ががらんと広くなり、時々のしっかりお掃除で磨かれた部屋にいる自分が、モヤモヤな気持ちを抱え込んでいるのはもったいないです。

せっかく気持ちの良い空間を作ったんだから、頭の中からも面倒なものを追い払って余裕を持たせましょう。おいしいおやつを買って、おいしい紅茶を入れて、一人時間を楽しむと明日も頑張ろうと元気が出ます。