収納できないものは「買わない」という戦略で散らかり防止

生活

片付けが苦手な方にオススメしたいのは「基本的には収納できる場所が想像できないモノは買わないという方法」はいかがでしょうか。

それは収納スペースに合う量を保つという意味もあります。置き場のないモノは買ってしまえば、収納からあふれお部屋が散らかってしまう可能性があるからです。

基本的にはどこかの収納へしまうことを徹底

収納さえできればお部屋はスッキリする。

どこかの収納にしまうことが徹底できれば、モノが外に出ていることはないためにお部屋はスッキリとした印象になるでしょう。

とりあえずはしまうことだけを考えて、スッキリとしたお部屋を維持していきましょう。

収納に入りきらないモノは買わない

収納ができるものは買っても良いですが、もし入らないと思ったら買うのはやめましょう。

ちょっとだけなら置いてもいいかなと思っていると、気づけばモノだらけのお部屋に逆戻りしてしまうことも。よって、買いだめもできる限り避けた方がいいでしょう。

何でも収納に慣れてきたら、収納の圧縮を

収納スペースを減らしていくことで、中に入っているものの整理が必要になります。

「収納棚をなくす」もしくは「収納スペースを小さいものへ変える」ことで必然的にモノを圧縮していくことができます。