お墓を持たないスタイルが拡大中の理由とは

未分類

最近ではお墓を持つという伝統的な習慣が変わりつつあると言います。

その理由として、「自然葬」や「手元供養」を希望する遺族が多くなってきているということです。主に都心部に住んでいる人が多くなっていて、限られた土地や住居などによるスペースの問題や故人の希望によるものがほとんどです。

宗教においても、だんだんと暮らしから離れていきつつあるようです。

自然に帰る「自然葬」

海に散骨したり、山に散骨したりと自然に回帰させる葬送の方法です。故人が生前から希望していたり、エンディングノートに記されていることにより、この方法が選ばれることが多いようです。

この方法のメリットとして、一般的な葬儀と比較してかなり低額で済むということ。高額な墓石の購入費などがかかりらないのもあり、人気になりつつあります。

主な方法として、「散骨」と「樹木葬」に分かれます。

遺骨の一部をアクセサリーに「手元供養」

手元供養とは、自宅などに安置供養することや遺骨の一部を身近に置き偲ぶことを手元供養といいます

お墓の費用が厳しいという理由、いつも一緒にいられるということから、「手元供養」を選択するケースが多くなっています。

「全骨安置」が一般的でしたが、遺骨の一部を「自然葬」を行い、他の一部を手元に置き供養するという「分骨安置」が近年は増えています。遺骨の一部をアクセサリーなどに加工するというスタイルも現代ならではだと思います。

都心部では墓地が不足

都心部では墓地が不足してきています。そのため、墓地の購入が厳しいため、お墓を持たないスタイルを選ぶ人が多くなっている背景があります。また、エンディングノートなどの故人の希望により、あらゆる葬送が増えていることが伝統的な習慣を変えつつあるのです。