断捨離への考え方を決めておくと有利!自分だけの断捨離の流儀を…

生活

断捨離がブームになって以来、言葉だけが独り歩きしている事例もよく耳にします。

大掃除をして不用品を廃棄するしただけでは単なる片づけで断捨離とは言えません。片付けと断捨離は共通する部分もあり結果的に家はすっきりしますが、動機や目的の部分では違いがあります。

断捨離の目的

家の中にあふれている物を捨てる時、最初から不要だったノベルティなどは誰でも躊躇なくゴミ箱に入れられます。

反対に迷うのは、痩せたら着られるかもしれない服やいつか使うかもしれない道具、思い出がある置き物などです。

断捨離を目指す場合に重要なのは物と一緒に執着も捨てることで、これは案外難しく人によっては大きなストレスになります。

自分なりの価値基準を持つことが成功の鍵

一旦捨ててしまっても再度買える物はお金持ちなら気軽に捨てられます。

でも、いくらお金を積んでも買えない物もたくさんあり、特に思い出の品や写真などはなかなか捨てられません。断捨離は物への執着を断つことですが、生きている限り執着することも必要な感情です。

何に執着するかは人それぞれで、他人の価値基準は参考にしかなりません。

たとえ生活する上で必需品でなくても自分にとって大切な物は保管すれば良いのです。その価値基準を明確にすることこそ断捨離の精神なのかもしれません。

判断が難しい物は保留してみるのも一つの方法

断捨離を決意したら、一気にトコトンまで進める人もいますが、迷いが多くて途中で挫折する人もいます。迷った場合は、迷った自分を認めて許し、捨てきれない物は保留品としてまとめておくのがお勧めです。

半年後、1年後、もう1度自問自答することで、あっさり捨てられたりすることもあります。

逆にどうしても捨てられなければ持ち続けても罪悪感を感じる必要はありません。自分自身の心の声にしっかり耳を傾けて実行した断捨離は、ストレスも無くリバウンドで散らかることもないのです。