花粉症対策に「乳酸菌」が効く!?

未分類

春と言えば花粉症の季節ですね。毎年、花粉症に悩まされている人も多いのでは?

花粉症は、国民病と呼ばれるほどに多くの方が発症する疾患です。マスクや薬物療法などの対策がありますが、最近注目されているのは「乳酸菌」のようです。乳酸菌が持つ「プロバイオティクス」により、症状が軽減されるという研究結果が発表されているのです。

乳酸菌でどこまで花粉症への効果があるのか、見ていきましょう。

乳酸菌で1型ヘルパーT細胞の働きを促進

乳酸菌は、花粉症の原因である「IgEの生産」を抑制するために、2型ヘルパーT細胞と正反対の働きをする1型ヘルパーT細胞を増やすことができます。1型ヘルパーT細胞が増えることにより、花粉症の症状を和らげることにつながります。

聞いたことのない言葉ばかりでわかりにくいのですが、乳酸菌は花粉症に効くと科学的に証明されているのです。

乳酸菌を摂取しよう

プロバイオティクスのヨーグルトなどの製品を見かけたことがあると思います。これらは花粉症対策になります。

他にも、ビフィズス菌や酵母、納豆菌にもプロバイオティクスは含まれており、効果があると言われています。

これらを積極的に摂取して、過敏になっている状態を整えておき万全にしておきたいですね。